2006年06月20日

永久サイクル

最近、色々と環境のことについて考えている。
まぁ頭の体操の意味合いが強いが。

化石燃料が枯渇化する中、将来の素材としての石油と燃料としての石油を分けて考えてみたい。
まずあらゆる物へと変化する材料としての石油が無くなった場合にどうなるのか。

元々が動植物から変化した石油だからこそ今現在ある動植物から採取する事も可能であろう。
最近では石油の代名詞であったプラスチックも自然環境に優しい素材から生成されつつある。
コスト的にはまだ従来品より割高なものの量産されれば現状レベルに落ち着くのではないだろうか。

鉄やアルミは不変な物であるのでリサイクル活動が今後の重要なファクターになるであろう。

ではそれらを分離生成する燃料としての石油はどうだろうか?
車に代表される様に燃費向上やハイブリッド化は進んでいるが石油その物を消費するサイクルは変わっていない。

石油を元にしない代替燃料が急務な訳であるが先日面白い記事を見つけた。
マグネシウムによる半永久サイクルであった。
記事には太陽光をレーザー化したエネルギー波によりマグネシムと水の酸化還元の化学変化を運動エネルギに変える物であった。

まだまだ試作の段階で効率的な問題はあるもののこれは面白い。
太陽光さえあれば永久に回るエンジンが作れるのだから。

触媒に使われるマグネシウムは海水中に豊富にニガリとして存在する。
地上にある土類の中にも豊富に存在している。
原料としては無限にある訳だ。

記事の写真などは後日のアップとするがとにかく凄いの一言だ。
mag01.jpg

永久サイクルなどは夢のまた夢と思っていたが人間は夢を手に入れる能力が他の動物より少し高いのかも知れない。
posted by もちゃ at 03:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〔かんきょう〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

本能寺の変

今日、「本能寺の変」が起こる。
実際にはNHKの大河ドラマの話しである。

明智光秀がそのまま中国攻めに出ていたら・・・
本当は信長が生きていたら・・・
本能寺の変の直後、徳川家康が堺で殺害されていたら・・・

時代は大きく変わっていたのだろうか?それとも事実は一つなのだろうか?

本能寺の変(ほんのうじのへん)は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、織田信長の重臣明智光秀が謀反を起こし、京都の本能寺において主君信長を討とうとし、信長が自刃した事件。
posted by もちゃ at 09:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 〔にっき〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

どとんこつ

また寄ってしまった、幸運軒

幸運軒.jpg

堺浜シーサイドの帰りに立ち寄ったラーメン屋。
お奨めはやっぱりここの「どとんこつラーメン」
"弩"がつく程コッテリなのに最後まで飲み干せる美味しいスープ。
今日も女性客も表で順番待ちをしているほどだ。

結構この前から嵌っているw
今日、管理人は替え玉を追加してしまった。
それほどお奨め店である。 
店内は6人がやっと座れるカウンターがあるだけ。
なので必ず順番待ちは覚悟して行く方が良い。

もちろんTVでも放送されている。
5月16日(火)ごきげん!ブランニュー
5月25日(木)Maki's魔法のレストラン

6月は色々とサービスdayがある様なので掲載してみる。
  5日 麺の大盛り無料
 12日 煮卵が半額の50円
 19日 餃子2ケ増量の計8ケで300円
 25日 トッピング大盛り(モヤシorチャーシューor葱)
皆さんも一度立ち寄ってみられては♪

それと6月から道路交通法が改正されており駐車違反は即罰金だ。
車で来た方は幸運軒の東側(路面電車向かい)にコインパーキングがあるので利用されるとよい。

「幸福軒(ラッキーケン)」
堺市錦之町西1-1-16
11:00〜23:00
072-232-3308
どとんこつラーメン680円
どとんこつ男前980円
ラッキーラーメン580円
posted by もちゃ at 03:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〔にっき〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。