2005年12月23日

ATX電源搭載可能な薄型HTPCケース

ATX電源搭載可能な、厚さ105mmの薄型HTPCケース「MCE301 」、AHANIX
http://www.links.co.jp/html/press2/ahanix_X301.html

HTPC03.jpg

HTPCケースの選択方法としてATX電源が搭載可能な点は大きい。
電源と言うのは劣化の問題が常にある訳で、リビングPCの設置となると尚更静音を重視しなければならない。
排気ファンの回転数を落とすと熱が内部にこもり電源関係にダメージを与える。
このケースの様にATX電源を搭載可能となると流通量の多い汎用の物と取り替えも可能である。

表面もアルマイト処理されており、リビングの他の家電製品より重厚感がある。
VFDはWMCに対応しているため、別途リモコン操作も可能だ。
但しこのVFDに関してはAHANIX社のサポート外となる。
フリーのVFDアプリを自分で登録する点に注意が必要だが自作マニアにとっては容易い事と思われる。

AHANIX社では他にも色々なHTPC用ケースを発売している。
VFD付きでそれほど高く無いので需要はありそうだ。

店頭推定価格 26,800円
posted by もちゃ at 13:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。