2005年12月26日

トリノ五輪

女子フィギュア界に於いてその可愛らしさと技術力の高さから話題に上る浅田真央選手。
今回は年齢制限の規定ルールがありトリノへは出場出来ないが2010年のカナダで是非その勇姿を観たい。
因みに姉もフィギュア選手でモデルでもある、浅田 舞(ホリプロ)である。

改めてトリノ代表に決まった村主章枝・荒川静香・安藤美姫選手、本当におめでとう。
是非3人とも表彰台に駆け上がって欲しい。

torino01.jpg

賑やかな女子にの影にありながら激しい一騎打ちとなった男子フィギュア。
関大の先輩・後輩である高橋大輔選手と織田信成選手の勝敗は高橋選手にキップが渡された。

ご存知の方も多いが織田信成選手は戦国時代のあの有名な織田信長の末裔。
信長の七男、織田信高の流れを汲む。
信高の母は高畑源十郎の娘、お鍋の方(興雲院)、妻は佐々成政の娘・光秀院。

信長が本能寺の変で死去した時はまだ幼年であったため、氏家行広に預けられた。
その後、豊臣秀吉の家臣となり、1591年には近江国内で1060石の所領を与えられ、羽柴姓を名乗ることも許された。
1600年の関ヶ原の戦いでは東軍に与し、戦後に徳川家康から安房国内に1000石を新たに与えられる。

話を少し戻すが2005年3月に行われた世界ジュニア選手権で優勝した織田信成は、信長から数えて十七代目と言うことになる。
そう云えば教科書に出てくる信長の輪郭に似ていると思うのは管理人だけだろうか?
posted by もちゃ at 02:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔すぽーつ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。