2006年04月09日

世界新記録

プロ野球・阪神タイガースの金本知憲(ともあき)外野手(38)は9日、大阪ドームで行われた
横浜戦で、連続試合フルイニング出場を904試合に伸ばし、世界新記録を達成した。

904試合連続フル出場世界記録の記念盾を掲げる阪神・金本知憲
kanemoto.jpg

 これまでの記録は、米大リーグ・元オリオールズのカル・リプケン内野手が1982年〜87年に作った903試合。

 連続フル出場は、広島に在籍した99年7月21日の阪神戦(甲子園)からスタート。この日も四番・左翼で先発フル出場した。

フルイニング出場中の打率は.306を誇る。
全力疾走の証である連続打席無併殺打の日本記録(1002打席=01年)も、
トリプルスリーも、2度のVも、全てフルイニングの中で達成した。
「プロ野球選手なら試合でグラウンドに立つことが当然」。
その信念を、結果で示す7年間。

金本知憲プロフィール
生年月日 1968年4月3日  
球 暦  広陵高〜東北福祉大(1991年度ドラフト4位)〜広島(1992〜2002年)〜阪神(2003年〜)
出身地  広島県 右投左打 180cm 87kg(2004年シーズンオフ時点)
初出場  1992年6月2日 対阪神9回戦(岡山) 3回代打で
初スタメン 1993年9月5日 対横浜22回戦(下関) 7番レフト
初安打  1993年8月8日 対ヤクルト16回戦(広島) 7回代打 投手:山田
初本塁打・初打点 1993年9月4日 対横浜21回戦(北九州) 8回 投手:三浦
初盗塁  1994年6月1日 対阪神8回戦(甲子園……) 8回二盗

サイクル安打 1994年4月24日 対中日5回戦(広島)
全試合出場 1999〜2004年 5回
全イニング出場 2000〜2004年
最多打点賞(打点王) 2004年113打点で獲得
打率ベストテン 2000年(5位) 2001年(5位) 2004年(5位) 5回
ベストナイン 1995年 2000年 2001年 2004年 4回

オールスター出場 1995〜1997年 2000年 2001年 2003〜2005年 8回
日本シリーズ出場 2003年

トリプルスリー(打率3割、30HR、30盗塁)達成 2000年 史上7人目
1002打席連続無併殺日本記録保持
連続イニング出場 1999年7月21日 対阪神17回戦(甲子園)から継続中
(2004年8月1日対巨人21回戦(甲子園)日本新記録「701」を達成)

これからも鉄人は走り続ける。
posted by もちゃ at 23:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔すぽーつ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。