2006年06月11日

本能寺の変

今日、「本能寺の変」が起こる。
実際にはNHKの大河ドラマの話しである。

明智光秀がそのまま中国攻めに出ていたら・・・
本当は信長が生きていたら・・・
本能寺の変の直後、徳川家康が堺で殺害されていたら・・・

時代は大きく変わっていたのだろうか?それとも事実は一つなのだろうか?

本能寺の変(ほんのうじのへん)は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、織田信長の重臣明智光秀が謀反を起こし、京都の本能寺において主君信長を討とうとし、信長が自刃した事件。
posted by もちゃ at 09:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 〔にっき〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本能寺の変・・・(京都を歩く)
Excerpt: 秀吉の備中高松城攻めの最中に、天下を揺るがす大事件が起った。 天正10年(1582)6月2日未明、備中高松城に援軍として向かうはずであった明智光秀の軍勢1万3千が、京都の本能寺に宿泊していた信長を急..
Weblog: 功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ねて
Tracked: 2006-06-11 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。