2006年12月09日

PLC製品化

家庭内の電気配線を用いてLANを構築できるPLCが初登場、パナソニック
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20061209/etc_plc.html

plc01.jpg

PLCの技術がやっと製品レベルまで確立された様ですね。
今までだと隣の部屋にネットワークを引っ張る場合にどうしても無線LANと云う手立てしかなかった。
ところがこの無線LANは近隣の家まで無線を飛ばしているので極端な話し、ハッキングし放題と云う事になる。

ところがPLCなら近隣へ電波は飛ばない、ある意味堅牢である。
電力線自信は隣接しているところも共有なので完全ではないがこの類の機器はまだまだ汎用性が無いので事実上ネットワークへの侵入は皆無と云える。
(セキュリティ上も128Bitで暗号化されている)

plc02.jpg

管理人は思うのだが、これからの家電製品にはこれらのPLC機器(将来は素子)が内蔵されて行くと思う。
それらを中核のPC(ホームサーバ等)から管理出来るのではないかと。

簡単に云うと将来パソコンはLANの設定などなしに「電源に差し込めばインターネットが出来る」
そんな時代になると思う。
今までのLANの端子は一昔前のパラレルポートの様に意味を無くしてしまうのだろうか。

いずれ全ての家電製品はネットワークで繋がる時代が来るのであろう。
そんな時代の先駆け的製品の登場に拍手を送りたい。
posted by もちゃ at 02:02| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

PentiumM互換Mini-ITX C7マザー

最近、鬼の様な忙しさでブログから姿を消しておりました。
(ほとんどmixiに打ち込むのがやっとなくらいで・・・)
とは言え8月の記事が全く無いのも寂しくまたWeb徘徊していますとMini-ITXの文字に触発されやっとログイン、てな訳です(爆)

巷では"Core 2 Duo" vs ""Athlon 64 FX-62"が雑誌等でもモテはやされていますがVIA信者の管理人としてはやっぱこの話題でしょう(^^;

Socket 479M互換、Mini-ITX M/B 「EPIA PN(G)」「EPIA PN 18000G」「EPIA PN 15000G」
EPIAPN18000G.jpg

マザーボード上には最新のパーツがズラリ。
ナローPICスロットが今では滑稽にすら見えますがこれがMini-ITXの伝統ですから許せたりしますね。

参考記事
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060812/etc_epiapn.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060617/etc_c7479m.html
http://www.ko-soku.co.jp/sales/mb_miniitx.htm

このM/BをMacG4にぶち込みたいです(笑)
http://spyglass.seesaa.net/article/4200360.html
posted by もちゃ at 03:30| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

アルミ製液晶モニタ搭載ATXケース

アルミ製VGA液晶モニタ搭載ATXケース
なんだか久々の欲しいケースが登場した。

HOME THEATER PC GT-1000
http://www.scythe.co.jp/case/gt-1000.html

gt1000_01.jpg

gt1000_02.jpg


モニター搭載ケースって過去にもあったけど価格が10万くらいしていた。
「モニターを別に買えるじゃん」って感じだったけど
このGT-1000は総アルミ製でVGA液晶を搭載。
しかもタッチパネル付きでマウスなどのデバイスが不要。

もちろんマウスやキーボードを繋げる事も出来るが
スタンドアローンで動けばホームPCやサーバ用途に最適と思われる。
posted by もちゃ at 04:31| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

RSA SecurID Token

ある物が到着するのをじっと待っていたがやっと我が家にも到着した。
RSA型のセキュリティー認証キー「トークン」だ。
token.jpg

実はネット取引の多い我が家ではメインバンク以外にネット管理用として「ジャパンネット銀行」を利用している。
http://www.japannetbank.co.jp/

そこがこの度、トークンを各ユーザーに配布し始めている。
http://www.japannetbank.co.jp/security/index.html

簡単に言うと「パスワード発生装置」とでも言うべきか。
今までだと他行へ送金する場合、予め銀行から送られてきているカード番号に従い、暗証番号を入力する必要があった。

しかしこの方法では最近流行している「暴露系ウィルス」にかかれば用意に悪意のあるPCから情報が読み取られてしまう危険がある。
これはジャパンネット銀行のみならず他行の送金システムでも同様のことだ。

しかし、このトークンを使えば事態は異なる。
完全にそのコードが読み取られても他のPC上では無効番号となるのだ。
なぜならその番号は2度と同じものが使えないため、読み取られた先のPCで入力してもダメなのである。

このトークンに表示される数値はランダムに並べられ且つ一分間しか有効でない。
そのため実質上トークンを持った本人しか口座情報を操作する事が出来なくなる非常にセキュアなシステムだ。

spyware.gif

最近は銀行業界でもIC内蔵型キャッシュカードや生体認証型カードの取り扱いが進んできている。
しかしPC上の口座操作には「手持ちのカード」というアナログ手法にかわりはなかった。
しかしトークンは次世代セキュアキーとして他行も順次追従すると思われる。

また口座開設日により配布月が違う様だ。
まだトークンを手持ちでない方は順次手元に届く物と思われる。

sendday.gif

ウィルスの進化によりその被害額も去るものながら、一方では高度な技術や産業を生み出したのもそのウィルスの副産物といえるのではないだろうか。
posted by もちゃ at 00:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(10) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

赤い彗星

とうとう向かいのDELLショップに赤い彗星がお目見えした。

SA340023.JPG

普通ノートPCと言うとキーボード側を客側にして展示するが、この「XPS M1710」は違う。
天板を入り口(道側)にして展示している。
知らない人はそっと近づいて見ている。
なんとも眼を引く演出だ。
もちろん店員もそこを逃さずに説明している。

思わず管理人もDELLショップに見に入ってしまった(笑)

廃熱ダクトは青く光っており、XPSの文字の綺麗なこと。
背面には通常のRGB以外にDVI端子まで装備している。

正しく並みのデスクマシーンを超越しているノートPCの出現だ!!

しかし一番の敵は23万を超えるその価格。
ゲーマー機としての色が強いPCだが態々ノートでする必要もない。
逆にもっとパーツを抑えた普及機が出ればDELL至上歴史を残すシリーズになる事は間違いないであろう。
posted by もちゃ at 02:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

車載コンピュータ

NASシステム(HD-H1.0TGL/R5)が完成した。

hd-h1.0tr5.JPG

今後、我が家のデータコアセンターだ。
「RD-X6」といい「GZ-MG77」と言いHDDで統一されてきているためだ。

ただ今、転送速度と消費電力のデータを計測している。
折あれば報告したい。

さて今日はHDDシステムのレポートではなく
小型PCの作成を行いたいと思っている。

家用では無く、自家用車向けの小型PCの作成だ。

なんのために搭載するか…
それも追って報告する事になるのかも。



posted by もちゃ at 02:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

出来そうな奴

デル、ハイスペックなゲームノート「XPS M1710」を発表

XPS.jpg

結構地味で事務所向けの印象が強かったDELLですが
とうとう「赤い彗星」を投入する様ですね。

Core Duo T2600(2.16GHz/uFCPGA)とGeForce Go 7900 GTXで武装し
その概観に似合った機能を内蔵する模様ですな。

これは結構期待できそうな予感。

こちらは参考URL
日本初のXPSノートはけっこう「遊べるっ!」──デル「XPS M1710」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0605/08/news012.html

久々ですね、ノートで出来そうな奴を見るのは(笑)
posted by もちゃ at 01:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

AVLT1/GXWの可能性A

こうなると最大の関心事はBUFFALOとの性能差になる。

ご承知の通りBUFFALOはキャプチャー関連では「Link de 録!!」を最大の武器にしている。
具体的な組み合わせではPC-MV71DX/U2&HS-DGLが挙げられる。
またDLNA対応もBUFFALOの方が先ん出ている。

それと最大の関心事である「PCレスでのキャプチャー対応」について
これはI/O DATAへ直接電話を入れてみた。

インフォメーション デスク
●大阪 TEL(06)4705−5544

Q:「LAN-Disk等を使って、PCレスで録画が可能か?」
回答は「NO」だった。

キャプチャー部分しか積んでいないGXW(正確には単独での録画にファームが対応していない)はmAgicTV5が動作する環境化(PCが立ち上がってること)でないと録画が出来ないのだ。

やはりこの辺りではBUFFALOに「一日の長」がある様だ。

ではなぜ管理人が態々RD-X6を手放してまでPC環境に移行したいのか。
話せば長くなるし正確な解答自身も正直見つかってはいない。
しかしユニバーサルな点は家電にないPC特有の物がある。

もう少し性能と価格について調べてからアップしてみたい。
posted by もちゃ at 02:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

AVLT1/GXWの可能性

やっとNewファームが出来てきましたね。
これでGXWがmAgicTV5に対応しました訳ですね。

http://www.iodata.jp/prod/multimedia/linktuner/2005/avlt1gxw/index.htm

家中どこでもテレビが観れる訳です。
もうPC側に高価なチューナーユニット買う必要もないし面倒なアンテナ線の引き回しも無くなる訳です。

紹介記事がありました。

PCを“ワイヤレスTV&レコーダー”に LAN接続型TVユニット「AVeL LinkTuner」を試す。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0603/17/news006.html

RD-X6を売却して余った分で高性能DUO録画サーバでも作りますか(笑)
posted by もちゃ at 02:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

刺客

あぁもう3月か。
最近、時間があっと言う間に過ぎて行く。

何気に立ち寄った本屋でいつもの如くパソコン雑誌に目を向けていると
新製品コーナーの記事に目が止まった!!

『デュプリケーター』と云う文字に反応した管理人
しかもこいつは『スロットイン方式』ではないか…

DVR-UW8DP.jpg

コピーする時って急いでる時に限ってやってる気がする。
しかもスタンドアローンで動くこやつは使い勝手がヨクナクナーイ?

「DVR-UW8DP」、こいつは見逃せない!!

http://www.iodata.jp/prod/storage/dvd/2006/dvr-uw8dp/
posted by もちゃ at 22:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ATX電源搭載可能な薄型HTPCケース

ATX電源搭載可能な、厚さ105mmの薄型HTPCケース「MCE301 」、AHANIX
http://www.links.co.jp/html/press2/ahanix_X301.html

HTPC03.jpg

HTPCケースの選択方法としてATX電源が搭載可能な点は大きい。
電源と言うのは劣化の問題が常にある訳で、リビングPCの設置となると尚更静音を重視しなければならない。
排気ファンの回転数を落とすと熱が内部にこもり電源関係にダメージを与える。
このケースの様にATX電源を搭載可能となると流通量の多い汎用の物と取り替えも可能である。

表面もアルマイト処理されており、リビングの他の家電製品より重厚感がある。
VFDはWMCに対応しているため、別途リモコン操作も可能だ。
但しこのVFDに関してはAHANIX社のサポート外となる。
フリーのVFDアプリを自分で登録する点に注意が必要だが自作マニアにとっては容易い事と思われる。

AHANIX社では他にも色々なHTPC用ケースを発売している。
VFD付きでそれほど高く無いので需要はありそうだ。

店頭推定価格 26,800円
posted by もちゃ at 13:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

あのi-RAMがバージョンアップ

RAM DISKカード「i-RAM」が1.2にバージョンアップ
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/
20051217/etc_iram12.html

iram01.jpg

あのi-RAMがバージョン「Rev1.2」となりました。
今更i-RAMの事を語る必要性もないですが所謂「メモリー式の爆速HDD」です。

今度のバージョンナップで基板上メモリ横にバッテリ残量表示用の4つのLEDと表示を行なう確認ボタン、3.3Vのスタンバイ電源が供給されていることを示すLEDを搭載。

実はこのi-RAM、管理人のブログには初めて登場した。
初回登場時に書かずには居れない商品だっただけに記事を追加追加していると、いつの間にやらその時期を逸していたのだ。

ギガクラスのメモリを4枚も一緒に購入すると一挙に6万代にもなるが超爆速静音マシンの構築にはマニア垂唾物の一品にある事に違いはない。
実売価格は19,680円〜23,800円
posted by もちゃ at 15:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

Geode NX対応Mini-ITXマザー

SiSチップセット搭載のGeode NX対応Mini-ITXマザーが登場
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/
20051217/etc_mb740f.html

Geode NX対応のMini-ITXマザーと言えばCOMMELL「LV-668」以来ですね。
いやー今Geodeがアツイ!!

まさかSocketAが今更持てはやされるとは管理人にも想像が付きませんでした。

geode01.gif

えー実は私も今Geodeに焦点が当ってあります(笑)
posted by もちゃ at 15:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電源監視LCDパネル

いやぁ〜、5インチベイに取り付ける「ヒカリモノ」には超弱い管理人。

電源ケーブルを経由させるだけで手軽に「電圧、電流、消費電力」を計測してくれると云う嬉しいパーツだ。
いつも「静音<>熱=電力」の図式が頭の中をうごめいている中でドンピシャにシステムを監視できる。

powerlcd01.jpg

しかもケースには「Seventeam」の文字が・・・これはATX電源のメーカじゃないですか。
「500個限定」ですって、たぶん完全に買ってしまぅぅぅっ!!
posted by もちゃ at 04:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

超高級ファンレスHTPCケース

ATXでファンレスの高品質デスクトップ型ケース「HFX」展示中
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/
20051126/etc_hfx.html

HTPC01.jpg

ATXサイズのマザーボードが搭載可能なデスクトップ型の横置きPCケース。
内部構造はお約束のヒートパイプ方式でCPU、GPU、チップセットの熱をケース両側にある分厚いフィンへ伝える仕組み。

HTPC02.jpg

CPUは消費電力が100W以下程度のモデルまで使用できたという。
またCPU用ヘッドのヒートパイプは自分で曲げなければならないなどのマニア仕様。
対応CPUソケットはLGA775、Socket 478/754/939/940/A。

予価は各パーツの冷却ヘッドや前面LCDパネルとのセットで約13万円(電源なし)。
posted by もちゃ at 14:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オィオィ(-。−;)PartD

相変わらずサルベージの日々が続く。

salvage01.jpg

てか、VGAやっぱ傾いてるし・・・また壊れそぅ。

オィオィ(-。−;)PartC
http://spyglass.seesaa.net/article/10874930.html

マジでケースを索敵中(・・ヽ)(ノ・・)
posted by もちゃ at 04:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

発売遅延

リビングPC(Eva弐号機)筆頭であったI・O DATAのAVLT1/GXWが大きく出遅れる。

ネットワーク接続型TVチューナーユニット「AVeL LinkTuner」
http://www.iodata.jp/prod/multimedia/linktuner/2005/avlt1gxw/

Wチューナー搭載(単体での録画は不可)だし最適だったんですが、1月発売という事は年末構想から却下ですなぁ、残念。

さぁどうする?
posted by もちゃ at 19:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速キャプチャーユニット

表示遅延0.07秒のゲーム向け小型USBキャプチャユニット発売
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/
20051126/etc_gamebridge.html

通常パソコンに外部からビデオ信号を取り込んで映す場合、キャプチャーユニットまたはアップコンバータを使います。
キャプチャーユニットはPC本体経由で、アップコンバータはPC画面に直接繋ぎます。

双方ともそれぞれ特徴はありますが、通常リアルで表示する事は出来ません。
大体実信号に比べて1秒程度の遅れ(遅延)が生じそれを見る事になります。

この場合、ビデオデッキ出力の取り込み等に使う場合は何ら問題はありませんが、ゲームをする場合は遅延が命取りになります(1秒遅れの画像では対戦ゲームの場合出来ませんね)

ところがこの玄人志向のKRTV-AGB/U2は遅延時間が0.07秒と爆速です。
「TFTモニターでゲームがしたい!」ゲーマーにとっては面白い商品ですね。

ソフトエンコになりますがMPEG-1/2形式での録画も可能ですし、リモコンも付属していますから簡易HDDレコーダとしても使えそうですね。
実売価格は10,447円〜11,800円
posted by もちゃ at 14:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

Mac miniでWindows

Mac mini風Pentium M対応小型PC「mini PC」が発売、AOpen
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/
20051203/etc_minipc.html

minipc01.jpg

これが発売された時はWindowsもここまで来たか(デザイン的に)と思いました。
正直Mac miniのパクリかも知れませんが。
管理人はMac自身は好きですよ、あのデザインはひかれます。

このマシンPentiumMベースなので自作すると結構高く付きますがデザイン優先ではこれの右に出るものは当分無いんじゃないかな。

実売価格は43,300円〜46,800円(ベアボーンのみ)
posted by もちゃ at 15:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

オィオィ(-。−;)PartC

あぁ、年末特に週末ともなると忘年会の連続。
体持ちますやら?!皆さんはいかがお過ごしでしょう。
そんな訳で「ブログをサボってんじゃねーよ」っと激励を頂きましたので頑張ってみたいと思いまする。

これまた前回の引き続きでごわす。

オィオィ(-。−;)PartB
http://spyglass.seesaa.net/article/10602054.html

P4P800E DeluxeとGFX5200-P128Cはすこぶる前回だった訳ですがまたもや管理人に衝撃が走る、突然のハードディスククラッシュだ!!

今回はHDDの所為と言うより管理人の所為と云うか物理的な要因がでかい。
当然我が家の裸PCは筐体が無くVGAが垂直に立っている。

P4P800ED04.jpg

ご承知の通りAGPバスにはソケットの根元にロックレバーがありボードが左右に振れる事は少ない。
しかしPCIバスにはそれがなくボード自身がCRTケーブルに引っ張られて微妙に左右に振られていた。
その為、管理人はフリーズに悩ませれていた。

慣れとは怖いもので幾度と無くリセットを押していた。
これが通電中のHDDには良くなかったのだ。
またもやブートレコードを飛ばす事となった。
悪夢のサルベージのサルベージ…

教訓
「裸PCにボードを挿すのは止めましょう」

てか誰もしないわ、裸PCなんて!
あぁやっぱオンボードVGAの方がいいなぁ。
キャプチャーの実験もしたいし、PCケース買おうかなぁ。。。

posted by もちゃ at 23:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。