2005年11月05日

高解像度コードレスマウス

解像度は最大2000dpi、LEDバッテリー残量計付き「G7 Laser Cordless Mouse」、ロジクール。
http://www.4gamer.net/news.php?url=/review/g7_laser_cordless_mouse/g7_laser_cordless_mouse.shtml

管理人はコードレスマウス撲滅委員会の会長である。
正直使えないのだ、ものの1ヶ月ですぐに電池交換。
環境に悪いったらありゃしない。

最近の物はそれなりに性能も良くなってるんだろうけど、いざ使う時に電池切れなんてしばしば。
ところがこのロジのマウスはバッテリーパックを2ヶ標準装備だそうだ。
手元にはバッテリーの残量計も付いている。
しかも今バカ売れだそうだ。

このマウスはオススメですぞグッド(上向き矢印)

もっぱら買って行く客層はゲーマーらしい。
それもそうだろう、今までのコードレスマウスは電池の消耗を少しでも抑えるため省電力機能が働いていた。
省電力からの復帰時のコンマ数秒のタイムラグはゲーマーにとって致命的だったのだ。
しかしこのG7はそれが気にならない、2000dpiの解像度もゴキゲン仕様だぴかぴか(新しい)

丁度手に馴染むマウスを探していた管理人。
注目の一品である事に違いはない。
これでpangya.gifのスコアアップを狙うかわーい(嬉しい顔)
posted by もちゃ at 11:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HDDヒートシンク

¥980-って激安じゃないっすか。
いいですね、アキバってとこは。

大阪、日本橋でもやってくれないかな。
今欲しいパーツなんだけどあせあせ(飛び散る汗)

激安なHDDヒートシンクの効果はいかに (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0509/28/news053.html

激安なHDDヒートシンクの効果はいかに (2/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0509/28/news053_2.html
posted by もちゃ at 11:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

高機能ファンコン出現する

リムーバル型の20in1カードR/Wを備えたファンコンが発売予定、エアロクール。
http://www.aerocool.com.tw/p-peripheral/coolpanel2/coolpanel2.htm

fancon01.jpg

これいいじゃないですか4つのセンサー温度とファン回転数をコントロール出来る液晶付で
尚且つ20in1カードR/Wが脱着式でUSB接続にも切り替わるんだから凄い高機能ですね。
「本体に着いててなんでUSB接続にする必要があるの?」なんて突っ込む方はほっといて、
きっとセカンドノートとかに使うんでしょうね。

メーカーはあのケースでお馴染みAerocoolからですよ。
作りもキッチリ出来てそうですね。

間もなく国内ショップから発売予定です。
えっ、どこからって?
さっき意地悪な質問した方は見ないでね。

高機能ファンコントローラ「Scythe CoolPanel2 BK/SL」11月10日発売予定、シグナルインターネットショップ。
http://www.signal-pc.com/

値段が¥5,520-ってマジっすかあせあせ(飛び散る汗)
posted by もちゃ at 03:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

世界最小ATXケース

世界最小ミドルタワーケース「AS Enclosure S1」、アビー。
http://www.abee.co.jp/Product/AS_Enclosure/S1/index.html

M-ATXケース並みの203(W)×399(D)×369(H)mm大きさだ。
この大きさを確保出来た理由はまるでBTXマザーの様に上下を逆に設置したことによる点が大きい。
こうする事によって今時不要なPCIの上に電源ユニットを持って来る事で高さを抑えられたのが要因だ。
それでもCPUから近い側の3本程度のバスは使用可能だから問題も無いだろう。
S1.jpg写真はSLI動作中のPCI-Eバスが使用可能な事が伺える。

現在のM/BではギガLANやRAID、オンボードビデオなど殆どの機能が揃っている。
そのためPCIをフルで使い切っている人は珍しいだろう。
逆にそういう人はこれを機にM/Bの交換を行ってみてはいかがだろうか。

またこのレイアウトによって受けられる恩賞もありフロントとリアファンの直線状にHDDとCPUが一気に並ぶ。
これによりファン速度が比較的遅くても廃熱効果は得られるものと思う。
逆にVGAのレイアウトがケース上面に来るためにファンレス電源は避けて電源廃熱に頼る方が良いかも知れない。

いざこれだけ詰め込むと作業性の悪さが気になるところだがマザーボード側のパネルも脱着可能なためそれ程苦にはならないだろう。

最近では光物や変に外観に凝ったケースが多い中、こういった実用的なケースも一つのアプローチとして歓迎したい。
posted by もちゃ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

グラボA

早いもので霜月11月ですね。
ここからはあっと言う間に年末にですぞ。
朝晩はより一層冷え込むと思いますので体調管理には十分注意してくださいね。
と言ってる管理人は風邪で超バッドですが(爆)

それでは昨日のGFX5200-P128Cの続き。
とにかく動作が遅いのだ。
マウスやキーボードを叩いても遅れて反応してくる感じがある。
パワーゲージのカーソルを数_の誤差に合わせなければならないpangya.gifにとってこれは致命的である。

とりあえずラウンドが終わって「乙〜!」とコメントを残したあと早速Windowsに戻ってテストへ。
計測は簡単なHD-Benchにて行った、以下がそれである。

HDBench01.gif

3Dゲームの場合、テクスチャー項目が命な訳であるが表の一番左側のテクスチャーの結果が1/6〜1/7を示している。
ここまで悪いとは思って無かったが正直最悪な値だ。
では、なぜここまで悪い値が出たか・・・

このGFX5200-P128Cが積んでいる石は決して速いものではないがPCI接続に於いて5700の次のグレードである。
そのためグラボでは無いと仮定するとどうやら接続バスのPCIにある様だ。

PCIの転送能力(最大133Mbytes/sec)だ。
それに対し通常グラボを取り付けるバスはAGPと云うことになる。
AGPの基本バス・クロック速度は66MHzでバス幅は32bitである。
1回のクロック・サイクルで1回のデータ転送を行う1倍モード(AGP1Xモード、266Mbytes/sec)や2回転送を行う2倍モード(AGP2Xモード、533Mbytes/sec)があるが最近では使われなくなった。
現在AGPの転送速度は4倍モード(AGP4Xモード、1066Mbytes/sec)や8倍モード(AGP8Xモード、2133Mbytes/sec)になっている。

話しを元に戻すがPCIバスがネックになりデータ処理に時間がかかってしまったと云う事になるだろう。
これに対しオンボードのグラボはAGPで接続されたのと同じなのである。
丁度、関空からスピードの速いジャンボに乗りたいのだが途中の湾岸線が大渋滞で到着しなかった・・・
まぁこんなところである。
GFX5200-P128Cは取り外したが幸いDVIやS端子など色々と出力があるので里子に出すのは止めておこう。
助かったね、グラボちゃん。

教訓:「PCI接続のグラボは使えない」
でわ、パンニャ〜ぴかぴか(新しい)



posted by もちゃ at 13:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

グラボ@

早速、GFX5200-P128Cを取り付け勿論接続はDVI経由。
いざpangya.gifを起動してモニターINPUTをDVIにしてプレー開始。

ところが・・・ところが・・・
スコアーは散々な目に遭う・・・

pangya.gifの仕様上、途中辞退は好ましくない行為なのでそのままプレーを続けるが「見るに耐えない」のではなく「やるに耐えない状態」で3ラウンド終了。

もし旧ザクに乗ったシャー大佐がコメントしたら、「使えん!」と言っただろぉ。
まさしく、そんな感があった。

出かける用事があるのでコメントは続きということで!

では、ぱんにゃ〜ぴかぴか(新しい)
posted by もちゃ at 15:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

玄人志向

パンヤをもう少し綺麗な画面でゲームしたいなと…
今までグラボに興味が無かったので何を選んでいいやら、
って言っても家のMINI-ITXには汎用PCIしかないのでその辺りで選ぶことに。

っで選んだのがこれ。
GFX5200-P128C (PCI 128MB)玄人志向
GFX5200a.jpg

ファンレスでいきなり玄人志向と云うのもチャレンジだが、まぁ一緒でしょ!って事で購入。
GFX5200b.jpg

ご覧のとおり接続系はフルラインナップで満足。
GFX5200c.jpg

さて結果は明朝UP予定です。
posted by もちゃ at 14:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

萌え系自鯖ソフト

“萌えキャラ”のレンタルサーバ運営ソフト「ほむぺ」が無料配布中。アフリエイトアド。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051022/etc_homupe.html

未完成な点が多い様だが考え方は面白い。
自鯖を無料で公開するソフトは山の様にあるが他人向けに自動でアカウントを発行する機能や公開オーナに対して広告による収入機能が搭載されている。
まぁ広告収入と言ってもイニシャルコストやランニングを考えてると何%の人が恩恵に与れるかは分からないのだが。

またこの機能が凄いのだがアフリエイトアド社が自動でバックアップも取るらしいので、もしものHDDクラッシュがあった場合でも昨日時点まで復旧する様だ。
毎朝、一日の差分データを吸い上げるらしい。
どういう仕組みなのだろうか・・・不思議だ。

アフリエイトアド社ではWindows版も製作中だそうなのでLinuxに抵抗がある人は少し待ってみるのも良いだろう。

早速、管理人もCDを手に入れた!関西で手にしてる人は少ないかも(笑)
構築する間が中々ないが出来ればコメントしてみたいなと思っている。
Home02.jpg
posted by もちゃ at 14:00| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

裸パソコン

秋の夜長にパソコン三昧と行きたいところだが、とにかくファンの音が煩い。
うちのM-ATXケースの電源ファンの音は異常だぁ。
どんなゲーマー機や高機能サーバーより煩い、これだけは確定している。

業を煮やした管理人は裸パソコンを作ることにした。
何も裸PCが静かなのではない、壁面が無くなった分煩くなるのだが電源を静音タイプに変更できる。
これだけでもメリットありだ。

100円ショップで適当なフレームがあったのでそれで組み立て♪
予算は¥1,600−、出来たのがコレ。
OpenPC01.jpg

右側がSEVEN-TEAMのST251HR、今となっちゃPEN4端子も無いですがMini-ITXには丁度です。
気温が低くなったのでファンの回転も最低の様子。
うん静かだ♪ブログのタイトルに近づいてきた感あり!

ところが人間欲の限度がありません、今度はCPUファンの音が気になる。
指で止めてみたりする、しかしずっとは出来ないので、抵抗で回転を落とした。
うん、いい感じに纏まってきたぞえ。
OpenPC02.jpg

posted by もちゃ at 03:25| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

超多機能なHDDケースサーバ

超多機能な2.5インチ外付けHDDケースサーバ、動画の再生及び録画に対応「Media Cube(KMC01-WH/BK)」、恵安。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051015/etc_kmc01.html

LAN経由でほかのPC上の動画及び音楽ファイルの再生が可能。
しかも録画は高画質のDivX形式でも可能と云うから驚き。
インターフェイスはLANの他にUSB 2.0も備える。
その他、カードリーダーも備えると云う致せり尽くせりの晩品であるぴかぴか(新しい)

ただ・・・難点が無い訳では無い・・・
っと云うか致命傷が一つ!!
対応ファイル形式が以下なのだが、お気づきだろうか。
「DivX、AVI、MOV、WMV、ASF、MP3」

そぉMpegに全く触れられていない。
今時ペグを再生出来ない周辺機器なんてコヒーの味の分からない大人と一緒たらーっ(汗)

お願いしますよ、恵安さん。
バージョンアップ、宜しくっす手(パー)
posted by もちゃ at 14:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

Nano-ITXマザーがついに出現

Nano-ITXマザーがついに出現しそうだ。

Nano-ITXマザーボード採用の超小型ベアボーン「Piccolo(仮称)」が発売予定、ユニティ。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051015/etc_piccolo.html

去年から展示品のURLは多数あったが発売が確定した模様。
なんせ基板サイズが120×120mmです、手の平に乗りますコレ!

あの計画が再燃する。
http://spyglass.seesaa.net/article/4200360.html

以下は参考URL


Nano-ITXを採用するVIA製マザーボード「EPIA-N8000」のデモ展示、俺コンハウス。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20041009/etc_epian8.html

「CeBIT 2004」Nano-ITXマザー「EPIA-N」が華々しくデビュー
http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2004/03/22/cebit1/

これが本当の手のひらサイズ!12cm×12cmの“Nano-ITX”規格マザーボードが登場!!
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2004/04/02/649039-000.html

Nano-ITX用DC-DCコンバータ電源「nanoPSU」が発売、ITUNER Networks。
http://ytw.jp/content/view/2/39/
posted by もちゃ at 15:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

External Serial ATA

外付け用Serial ATAインターフェイス(eSATA)に対応した5ポートハブ「SATA II 3.0G 5-Port Hub」が展示、AVLAB製
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051015/etc_esatahub.html

一見すると普通のLAN-HUBに見えるが外付けHDDのポートマルチプライヤ(PM)、所謂HUBである。
eSATA規格ではPMを8台まで接続でき1台のPMに15台、最大120台ものHDDを接続可能である。

現在HDDを外付けする場合はIEEEやUSB、NASを使えばLAN経由でも可能である。
それでは態々eSATAを使う理由はどこにあるのか・・・
簡単に云うと「HDDの能力を最大に発揮するための規格」という事になりそうだ。

今更ではあるがUSBと言う規格は非常に良く出来ている。
HUBを入れて最大接続数127台のデバイスがデイジーチェーン接続できる。
各機器同士の距離(セグメント)は5m以内という制限があるもののHUBは5つまで中継に使うことができ、ユーザが127台を越す事はまず有得ない。
またバスパワーやホットプラグ等のユーザビリティ性もあり非常に使いやすい接続方式である。

しかしあまりにもイージー規格故にあらゆる機器が接続されその信号の出入りが多重複雑化している。
そのためHDD等の高転送機器を接続すると信号の遅延が起こり高速デバイスを有効に使い切る事が不可能になってくる。
簡単に言うと「高速機器は分けた方が好ましい」ということだ。

話しが少しずれるが、最近では東芝やSEAGATEから「垂直記録方式」のHDDが発売されてきた。
従来の「面内記録方式」では面密度を増加(磁区が小さくなる)と「熱ゆらぎ現象」が発生して記録品質を保てなくなってしまう。
ところが垂直記録方式ではそれぞれの磁区同士がお互い安定する方向で働くために熱ゆらぎが起こりにくく安定しており、結果面密度を格段に向上させる事が可能になる。

発売された新製品は面密度の向上を大容量化ではなく小型化の方へ力が働いた様だ。
しかしこれから3.5インチで数TB製品が出て来る日も近そうだ。

ここで内部転送速度の話しになるが現在、高速なHDDでも70MB/sec〜80MB/secが限界である。
これは先ほどの記録密度と回転数の関係の所為だ。
そのため従来のMASTERとSLAVEの2台しかブランチ出来ない規格のIDE接続でもなんとか対応出来てきた。
しかし垂直記録や高速RAIDなどを使い出すと32bit/33MHzのIDEの転送速度133MB/secを超えてくる可能性がある。
現に10,000rpmHDDやIDEのオーバヘッドを考えると余裕すらない状態だ。
そこで満を持して出た時期規格がSATAであり、その外部接続版がeSATA(External Serial ATAの略)である。

先ほどのPM等を使えば転送速度が数百MB/secに迫る可能性もあり、正にHDDなどの高速機器の多重接続化にマッチした規格だ。

今後は下記の様な住み分けになるのではないだろうか。
LAN :WANへの接続や共有デバイス等。
USB :プリンタやデジカメ、マウス・キーボードなど。
IEEE:DVカメラ。
eSATA:HDDや大容量高速アクセスデバイスの接続。

以下は参考URLを列記してみた。

(シリアルATAとは、NEC ELECTRONICS)
http://www.necel.com/ja/techhighlights/serial_ata/whats.html

(垂直磁気記録方式のHDDについて、日経パソコン)
http://arena.nikkeibp.co.jp/trend/zoom/20050210/110998/

10,000rpmの高速SATA対応HDD「Raptor WD360GD」容量は36GB、Western Digital製
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030405/raptor.html

(ポートマルチプライヤとは、SHOP MAXSERVE)
http://shop.maxserve.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=56&products_id=187

USB2.0の他にeSATA接続も可能な外付けリムーバルHDDケースが発売、RAIDON製
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050910/etc_ni302.html

(USB機器の多重接続で動作が不安定になる可能性、impress)
http://home.impress.co.jp/magazine/dosvpr/q-a/0104/qa0104_3.htm
posted by もちゃ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

サイバーな電源

消費電力などをリアルタイム表示するLCDパネル搭載電源「MAGNUM 500」が発売、MGE Company。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051008/etc_magnum.html

電源01.gif

いやー超サイバーな電源じゃないですか。
逆にこの液晶面が見たいのでPCケースを後ろ向きに置きたいくらい(爆)
少し出っ張りが気になりますがACケーブルも奥行を取りますのでギリOKと云う事で。

以前にも消費電力を5インチベイにセパレート表示する電源がありましたが、「MAGNUM 500」の方が洗練されててイイ感じですね。

フロントベイにPCの消費電力を表示するATX電源「TWV480」が発売、Thermaltake。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20040731/etc_twv480.html

「MAGNUM 500」高負荷時だけファンが動作する準ファンレス仕様。
もし完全ファンレスだと過熱した時に内部のコンデンサの劣化が恐いですし保険の意味でも静音派に推奨ですね。

うん、イイー(長音記号1)これホスゥィーぴかぴか(新しい)
posted by もちゃ at 14:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

ソニー

外出先のPCから自宅のテレビやDVDなどの動画が視聴できるチューナー内蔵エンコーダユニット「LF-PK1」が発売、ソニー。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051008/etc_lfreetv.html

BUFFALOかI/Oデータがやりそうなんですがソニーからなんです、発売が。
とは言いながらも何かに使えるのかな・・・
今、必死に考えています、考えながら寝ますね。
おやすみなさい眠い(睡眠)
posted by もちゃ at 01:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

デュアルCPU対応ファンレスケース

DualCPU-ITXマザー(VT-310DP)に対応したファンレスケース「GD-L01(VT310-DP対応版)」が発売予定。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050923/etc_gdgsvt310.html

この製品はGENIUS POWER TECHNOLOGYのファンレスPCケースをベースにした云わばショップ改造オリジナルケース。
10月第2週に入荷する予定としている、予価は42,800円。
このほか、小型の「GS-L02(VT310-DP対応版)」も同時に入荷する予定、予価は31,800円。

同店は比較的Mini-ITXに力を入れているショップだ。
(オリスペック)
http://www.oliospec.com/
posted by もちゃ at 00:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

開発コードネーム「Crush 51」

AMD(Socket939)初となるVGA統合型マザーボードが各社から登場、チップセットに「GeForce 6100/6150」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0921/nvidia2.htm

開発コードネーム「Crush 51」として噂されていたGeForce 6150/6100チップセット製品がお目見えしてきている。
最近の小型PCを反映してかM-ATXのM/Bが主流だ、OCを行わない管理人としては嬉しいスタートとなる、まずは各社の情報をまとめてみた。

●BIOSTAR TForce 6100-939
・ サイズ :M-ATX
・ 対応ソケット :Socket939
・ チップセット :GeForce 6100+nForce 410
・ メモリスロット :4
・ スロット :PCI Ex16/1、PCI Ex1/1、PCIx2
・ HDD :SATA IIx2、PATAx2
・ 発売:発売中

●MSI K8NPVM2(6150) / K8NGM2(6100)
・ サイズ :M-ATX
・ 対応ソケット :Socket939
・ チップセット :GeForce 6150/6100 + nForce 430
・ メモリスロット :4
・ スロット :PCI Ex16/1、PCI Ex1/1、PCIx2
・ HDD :SATA IIx4、PATAx2
・ LAN機能 :GbE
・ その他 :CoreCell
・ 発売:10月末

●K8NGM-V
・ サイズ :M-ATX
・ 対応ソケット :Socket754 (Sempron/Turion 64)
・ チップセット :GeForce 6100 + nForce 410
・ メモリスロット :2
・ スロット :PCI Ex16/1、PCI Ex1/1、PCIx2
・ HDD :SATA IIx2、PATAx2
・ 発売:10月末

また11月上旬にはオンボード機能として「Sound Blaster Live」が載った「K8N Diamond Plus」が登場を控えている。
http://www.hkepc.com/hwdb/c51-firstlook-5.htm

今後市場には「GeForce 6100+nForce 410」または「GeForce 6150+nForce 430」と云う組合せが主になってくると思われるが、
既存の「GeForce 6200 TC」と比べると頂点パイプライン数が3分の1,ピクセルパイプライン数は2分の1に現象しているためパフォーマンスがやや低くなると思われる。
Chipset01.gif

しかし、コアクロックは順に475MHz,425MHzと,6200 TCの350MHzのそれより高い。
またこのチップセットはファンレス動作が可能なため静音PCに持ってこいだ。
GeForce 6150 + nForce 430の組合せに限るとRAID0/1/0+1/5とフルカバーしている点や
GIGA-LANを統合している事などスーパーコストパフォーマンスな点も見逃せない。

(参考URL)
http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2005.09/20050921155631detail.html

リアル3D処理を必要とするゲームでもビューア内に多数のキャラが描写される事の無い限りなんら不自由が無いと思われる。
もしどうしてもプレイ中に不憫を感じたり起動を弾かれた場合はPCI Express x16に最新VGAをONすることも可能だ。
初期投資を抑えられる点も高く評価できる。

これから成熟した商品群が街に溢れていることが予想される。
年末の業界は良い意味で慌しくなりそうだ。
posted by もちゃ at 10:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

FINAL FANTASY

http://spyglass.seesaa.net/article/6174395.html
http://spyglass.seesaa.net/article/6059037.html
上記、グラボネタの続き。

日頃、Windowsの90%以上の使用率がインターネット依存の管理人にとって
いわゆる「ゲーマー」と呼ばれる人と話す機会は皆無だ。
と言うか周りに、その様なオタク系の人が居ない。
聞き様がないので管理人自身のそちらへのスペック値は2Ch言葉で云う「厨房」以下である。
(中学生レベルと云う意味、管理人は小学生レベルかも)

ところがだ・・・
最近訳あってオンラインゲームの類をしている。
正直させられていると言った方が正しいかも知れない。

リネージュUだのラグナロクと云うメジャーなゲームだ。
管理人は垂れ幕くらしか見たことがなかった。
ゲーマーが聞けば花が咲く話題だろうが正直結構分かりません。
憶えないといけない立場になってしまったので今必死です(汗)

そんな中でも「FF XI」を起動した時はプレステ時代のBGMそのままで心地良いものがあった。
数年も昔の話しだがいい音色として記憶していた。

因みにこの「FINAL FANTASY XI for Windows」の推奨グラフィックカードは、
NVIDIA GeForce3,GeForce4 Tiシリーズチップ搭載のボード(AGPバス対応)
VRAM64MB以上だそうだ。

ゲーム専用マシンはCPUは基よりGPUも凄い熱量だ。
管理人の「無音道」から逸れるので少々やっかいだが、
折を見て勉強してみるとする。

posted by もちゃ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

Geode(ジオード)

AMDの低消費電力CPU“Geode NX”対応するMini-ITXマザーボード「LV-668」が登場、Commellから。
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2005/08/18/657545-000.html

イイね、この小ささ♪ITX is good size!

最近この「Geode」(ジオード)と云う言葉にも反応してしまう管理人。
AMDが送り出した低消費電力CPUだ、っと言っても新型のCPUではない。
その正体は「SocketA」なのだ!ではなぜ今更、SocketAなのか…

実はその中身はサラブレッドコアのノートPC向けのAthlon XP-Mプロセッサなのだ。
出荷直前に低電圧動作をクリアした優等生が「Geode」の勲章を与えられる訳です。
今更感のある手持ちのSocketAのM/Bが蘇える可能性が出てくるのだからAMDも憎いことをする。

ただし動作電圧はGeode NX 1750でも1.25Vと低く、既存のM/Bがそこまでの低電圧をBIOSから供給出来るか?がミソになります。
最近、世の中に出てきたGeode対応M/Bはその低電圧出力が可能で動作確認が取れた、
言わば「安心保証付M/B」となる訳です。

お手持ちでSocketAのM/Bをお持ちの方は是非低電力PCにトライして欲しい。
posted by もちゃ at 00:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ピノー

組み込み用省電力CPU「Geode LX 800@0.9W」を搭載したベアPCキットが発売(Shizka、株式会社ピノー)
(紹介ページ)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050923/etc_sizka.html
(メーカーページ)
http://www.pinon-pc.co.jp/products/sizka/

これ可愛い過ぎません?サイズが幅112×高さ51×奥行き109mm、重量はなんと500g!
ファンレスでWindowsXPが動いてますね。

これでメモリコントローラはDDR400(実際のオンボードは256MBのDDR366)と云うんだからちょっとした高性能PCですね。
グラボが内蔵の物しか使えないのでゲーム派には縁が無いかも知れないですが、
無音超小型サーバとしては最強でしょうか。
posted by もちゃ at 01:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

まるでS-ATAケーブル

ATX内部で電源を蛸足分配?多数のオプション設定あり「520W ATX電源 PurePower PST520W」がThermaltakeから近日発売。
http://www.thermaltake.com/japan/products_n/power/pst/w0073.htm

簡単な発想の転換でATXケース内がスッキリしている(写真参照)
まるでS-ATAケーブルの様だ。

これだけスッキリすると、随分とエアフロー効率も上がりそうですね。
管理人が目を引いたのはココです。

エアフロー効率が上がると内部に余計なファンが不要で静音が計れますね。
もちろん、この電源自身がファン付なので無音化は無理でしょうが、
省電力CPUを使えばファンは低速運転するはずです。
URLからは初期回転数は5.71Vで1355rpmの様ですね。
これならほぼ無音に近いです。

ある程度の排気はケース内部の雑気を排出するため止むを得ませんし。

また、バシ散策の時に見てみようるんるん
posted by もちゃ at 00:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔ぱそこん-はーど〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。