2005年08月25日

第3回:ソーシャルネットワーク

【トラックバックについて】

皆さん、こんにちは。
3回目の今回はブログ最大の特徴であるトラックバックについて解説してみる。

ある閲覧者B氏が検索ページなどを辿って、A氏開設のサイトを見つけたとする。
B氏はA氏のサイトに大変興味があるし、自分のサイトの趣旨に近い内容なので
B氏はA氏に「相互リンクのお願い」などのメールを出して、「サイト同士」が相互リンクが完成する。

お友達紹介ページがそれその物だが、これが従来からの知り合いの登録やBBS上の
古くからの友人からの以来ならともかく突然の閲覧者からの依頼の場合、
ホームページを公開している者(A氏)にとって憂鬱な点になることがある。
A氏からメールを受け取ったB氏は、ローカルのPC上でhtmlを編集しなくてはならない。
ローカル上ではリンクのURLも張らないといけないし多少のコメントも必要だ。
依頼者がバナーを使用している場合はバナーURLを埋め込まないといけない。
もちろん実際に完成したHPをアップロードして最終的には確認が必要となる。
日に何通も「URL変わりました」などの依頼が来たら、それだけでリンク管理は難しくなるだろう。
リンクとは依頼されたA氏側の物理的な作業が多いのである。

ブログにはこの相互リンクの煩わしさが軽減される、はっきり言ってA氏には何も必要がないのだ。
お互いのリンクや内容の表示などは、お互いのブログサーバがPing(ピング)を使用して行なわれる。
この辺りの意味は正直知る必要はない、全く自動的に行なわれてしまうのだ。

全てはリンクが張りたいと思ったB氏が行なうだけですむ。
しかもB氏も「トラックバックURL」と云う20文字程度を自分のサイトへコピペするだけで、
ブログ同士の相互リンクは完成してしまう、これがブログ最大の特徴である「トラックバック」だ。
この「トラックバックURL」はA氏の記事の下の方にある「TrackBack(0)」リンクをクリックすればhttp://〜〜〜という形で表示される。
通常のURLに似ているがトラックバック専用の文字列でブラウザでは何も表示されない。

この様にトラックバックはブログ間のリンクをより簡単に強力に行なうことが出来る最大に魅力だ。
しかし「勝手にリンクが張れるもの」と勘違いしない様にしたい。
トラックバックを張るために、わざわざメールを出す必要もないがブログの運営者は人である。
営利目的な者や風俗勧誘目的でトラックバックやコメントを使う事は言語同断で、「スパムトラックバック」と言われ忌み嫌われる。
また、ブログ管理者にはその送信者からトラックバック出来ない様にする管理機能もあるので活用したい。

今回はブログとその特徴であるトラックバックに解説した。
次回は原点に戻り「ソーシャルネットワーキングサイト」の解説をプレビューと合せて紹介したい。

実際にトラックバックの実験を行い方はご自由に下記URLをお使い下さい。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6225387
posted by もちゃ at 13:40| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 〔そーしゃるねっとわーきんぐさいと〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

第2回:ソーシャルネットワーク

【ブログとは】

皆さん、こんにちは。
SNSとWeblogの違いをお話しする前にそもそもWeblogとは何なのか。
2回目の今回はブログとは、を考察してみたい。

ここへ来られる方々の殆どは何らかのブログを立ち上げられていると思う。
詳しくは解説しないが、初めての人や検索ページから来られた方々もいると思う、
なので簡単におさらいといこう。

ブログとは・・・
"Web+log"、ウェブ上での記録サイトのこと、これが訛りブログとなった。
1つの表題(トピック)をタイトルとし、その内容について独自に解説をつけたスタイルのサイト。
いわゆる「日記ページ」と言われるスタイルで、従来のホームページにあったBBSとは少し異なる。

巨大サイト2chのBBSは誰もがスレッド(表題)を上げられる。
それに対して不特定多数の人がコメントをつけていく。
いつ始まりいつ終わるか、と云う事は管理者でも分からない。
殆どが匿名のため、内容の信頼性が低かったり誹謗中傷などが問題となる事が多い。

ブログの場合は「管理者のみがスレッド(トピック)を立てられる」また、
基本的には「1日に一件が目安」のため日記ページになりやすい。
現実、殆どのブログにはカレンダー機能があり、トピックがあった日は色が変わる。
コメントは誰でも残す事が出来るがトラックバックは他のブログ公開者からのみ行える。

匿名性はあるものの日記や史実を話題にしているブログサイトが多いため、
実名でアップされているサイトもあり、真実性はある程度ある。

ブログは'02年初頭からサービスが定着してゆき、'03年は日本のブログ元年と言われている。
ホームページ作成ソフトを必要とせず、ブラウザ上で簡単にテキスト編集や画像アップが出来るため手軽。
そのため現在、殆どのホームページ開設者はこのブログ解説者を差すことが多い。
またトラックバック機能(後述)が最大の特徴。

仕様的な特徴として、
・ホームページ編集ソフトを必要としない。
・FTP等のアップローダーも必要としない。
・ブラウザによる編集、管理が可能。
・殆どのプロバイダーで無料で登録でき、すぐに公開できる。
・日々のトピックには他の閲覧者からコメントを追加できる。
 (これは従来の掲示板の類と同じ)
・ブログには最大特徴であるトラックバック(相互リンク)機能がある。

2回目はこの辺りまでにします。
次回はブログ最大の特徴であるトラックバックについて解説したい。

実際にトラックバックの実験を行い方はご自由に下記URLをお使い下さい。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5473500
posted by もちゃ at 11:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔そーしゃるねっとわーきんぐさいと〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

第1回:ソーシャルネットワーク

【ソーシャルネットワークとは】

皆さん、こんばんは。
最近"SNS"と云う単語をよく目や耳にしませんか?
このたび、SNSに触れる機会があったので今流行りのブログとの違いや
SNSの始め方や進め方を分かる範囲で簡単に紹介していきたい。

ネット上では2つの訳に分かれる様です。
・Social Networking Site
・Social Networking Service
当サイト内では、「ソーシャルネットワーキングサイト」とします。

ソーシャルネットワークを簡単に訳すと「人間関係の輪」
もっと簡単にするとフジテレビの「笑っていいとも」の
「友達の友達は皆友達だ」のそれそのものだ。

あの芸能人がズラリと並んでいる写真のボードを想像して欲しい。
日頃、私たちは客観的にあの「ボード」を見ている。
A氏の友達のB氏、B氏の友達のC氏・・・
しかしA氏とC氏は今まで面識が無かったが、笑っていいともに出演した所為で
A氏がC氏に「Bさんって友達だったんですね」
C氏がA氏に「ええ、以前ドラマで共演して(笑)」
なんて会話が控室で行われるかもしれない。

SNSは、この実現実の光景を「インターネット上に構築したもの」と考えれば解かりやすいと思う。


一回目はこの辺りにします。
SNSの事が少しお分かり頂けたら幸いです。
次回はブログとの違いをもう少し突っ込んでみたい。

P.S
 SNSに関しては、私も片足を踏み入れた段階で右も左も分かりません。
 コメントは嬉しいですが、質問等はご勘弁ください(初心者なもので)
 spyglassとしては通常のブログと併用UPしていきます。
 それと最近多忙で更新が滞りがちです、気長にお付き合い下さいませ。
 管理人
posted by もちゃ at 21:18| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 〔そーしゃるねっとわーきんぐさいと〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。